芦屋田工房へ戻る     日記の目次へ
陽子の日記
18年の目次へ                     平成18年 6月のできごと         
  6月30日
昨日は田んぼの草取り 
除草剤を1回使いますが、今年はあまり効果が無く
全ての田んぼの草取りをしました。
植えつけてある稲の中に入ってみると草もいっぱい、
オタマジャクシにイナゴ、源五郎、ヒルに稲を食べている
虫までも、、、、。
田んぼの中は自然がいっぱいでした。
でも 私は腰、腰 こーしーが痛いーーーー。
6月も今日まで 過ぎ去る月日の速い事
今日はチョボチョボの雨 雨合羽を着て庭の草取り、
除草剤を使用しないので、何処もここも草畑
大自然なので〜す。
  6月29日
水害から3日すぎた今朝 
とてもいい朝日が昇りました。
その輝く朝日の中に
露の取れるのを待つ蝶を見つけました。
いっぱいの水を吸収した土は
草花をグングン成長させています。
草花に負けないように、私の活動が始ります。
   6月27日
6月26日 熊本の山都町では
記録的な大雨が降り
水害が発生しました。
このような被害が発生しますと
各個人所有の場所で、あれば
各々個人の家で業者を雇って
修復作業を行います。
被害が発生した場所(田、畑)で
得る収入以上の修復費用代となり、
完全な赤字経営になるわけです。
これだけは自然相手 
どうすることもできません

被害が少なかったのが救いです
私の地区では人災につながる事はありませんでしたが、
写真のように農道を水が流れています、
道の下方の田んぼは我が家の田んぼです。
これだけの濁流をまともに受ければ
田んぼは被害が大きいと思われます。
自然が牙をむく時にはなすすべも無く
全ての人々の安全を祈るだけなのです。
この雨による被害を受けられた皆さん
元気を出して 復旧に頑張りましょう。
   6月25日
この2日間 
梅雨らしい雨となり野菜たちと雑草が喜んでいます。
今年も異常気候なのでしょう、
各地では災害が発生するほど雨が降っていたのに
私の地区では まともな雨は降っていなかったのです。
庭の花達も雑草と一緒に成長ごっこをしています。
熊本市内に住んでいる孫が遊びにきます、
草畑を飛び回るのには危なくてハラハラしますが
本人は上機嫌で田舎を楽しんでいます。
   6月18日
雨上がりの日曜日
外孫達がブルーベリー摘みに来てくれました。
どうにか小鳥より早く 孫が食べてくれたようです、
ブルーベリー畑の上の畑に植えているきゅうりには
カラスが食べ荒らしています。
何か対策を、、、、、。
昨年は黒糸を張っていました。効果があったのか
被害は少なかったようです。
   6月14日
すっかり 実ったブルーベリー 
別々に購入した
2本のブルーベリーの木を庭の隅に植えていました所、
一本は早く実り 
もう一本は前のが終わった頃 実るのです。
ちょっと収穫期間が長くなったようで幸せ 
きぶん (^^)v
ライバルの小鳥たちが狙っています、
さー 大変 小鳥より先に収穫します。

野に咲くゆりの花 を写してみました
   6月8日


花を食べ 風を避け
虫達も命がけ
梅雨入り宣言があって雨が降るかと思っていれば
台風なみの風が吹き、きゅうりを固定してあげないと
吹き飛ばされそうな風でした。そんな中
きゅうりの花にはムシが風を避けてしがみついているのを見つけました。
昨日は
からすがつばめの巣を攻撃、ようやく産まれた雛は
からすに奪われ、 つばめ達は我が家の庭を旋回していましたが
遠くへ飛び立ち戻ってくる事はないようです。

自然界の形態に何らかの変化が進んでいる様に思うのは
私だけでしょうか。
   6月2日
杉山の中に植えていた「旭 葉蘭」 少しづつ出荷しています。
私の癒しの園 お客様がご来店の時 時間が許されます方は
この ハランの園でおにぎりと漬物でお茶の時間を設けています。
是非 ご来店くださいませ。 マイナスイオンを体感できます。

  旭ハランで遊ぶトンボ
芦屋田工房
〒861−3541  熊本県上益城郡山都町芦屋田204
坂本博幸 陽子
0967−72−2371 (FAX 共)