芦屋田工房へ戻る

陽子の日記
18年日記の目次へ                平成18年11月のできごと             
   11月30日
今日は大豆を炊いて つぶして 塩切り麹を混ぜて
待望の味噌玉を味噌桶へ入れて行きます。
同じ部屋の奥の方ではサザン、クロスサン達が
ギターの練習をされていました。

味噌作りのメンバーは最高のバックミュージックを
聞きながら楽しみました(^!^)v

市内まで出かけて行き、
手作りの味噌(出来上がり40kg)作りを
楽しむ事が出来ました(^!^)v。
そして
残った米麹で甘酒を作り、和気あいあいの中で
いろいろなお話をしてお友達を作る、そんな
講習会でもありました。

参加の皆様 ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します
   11月29日
「自分で作った味噌を楽しみましょう」をテーマに
熊本のほうへ伺って 130年からの古民家で
味噌作りの研修を始めました。
まず今日は普通の大豆をよく洗って1日、
水につけて置きます。
それと私が育てた緑の納豆用大豆でも
味噌を作ってみることとしました。
緑の納豆用大豆を選別して頂きましたが
唐箕を使っての選別に
昔を思い出される方もお出ででした(^о^)v
このような事をしてみたかったと言って頂き
安心致しました。

手作り味噌を作る楽しさを皆さんに
感じて頂きたい、
微生物の働きを応用した味噌作り
発酵食品のすばらしさを体験して頂きます。
今日と明日 味噌作りを楽しみましょう。


 麹の塩切りを皆さんにも
     経験して頂きました。
昔の古民家には我が家よりいっぱいの
道具が揃って
、びっくりさせられました
   11月25日
火の様に木全体を紅葉させる「ムラサキアカザ」
県道を通る人から感嘆の声が聞かれました。
種子の束となって 頭を深く下げています。
11月21日にお尋ねしていました
庭の紅葉する草の名前が明確になりました。
ご協力下さいました皆様、 
ご協力 ありがとうございました。

「ムラサキアカザ」と言う名前だそうです。
しかし 3メートル近く大きくなっているのは
ほとんど無いそうです。
通常は1〜1、5メートルほどだそうです。

我が家の庭には肥後の赤牛の堆肥を
沢山入れますので
地力が肥えているのですね。
それと気象条件とが合ったのでしょう。

戦後は 食料として植えられていたそうです、
食べる事が出来るとは思いませんでした。
来年もゾックリ種が落ちて苗が出来そうです。
「ムラサキアカザ」とは! 
茎、葉っぱ、種子などをUPして見ました
よろしかったら 覗いて見て下さい。
   11月22日
 
この皆さんが肥後の赤牛を
育てています。



牛肉も野菜をふんだんに
使うとヘルシーですよ(^^v
肥後の赤牛を育てている畜産農家のお嫁さんたちがグループを
作り自主活動をしています(モーモーレディス)
今日は肥後の赤牛の肉を使った料理講習会を行いました。
講師に普及指導課の高濱様にお出で頂き
楽しく にぎやかに何処の農家にある材料を使って
野菜と牛肉を盛りだくさんに使った贅沢なご馳走が
できあがりました(^!^)v
ヘルシーそして一度食べたら止められない
肥後の赤牛の肉
香りがよく 肉質が柔く
松坂牛に劣らぬ肉と自負しています。
是非皆さんもお召上がり下さい。
お求めはこちらから
ミートショップ カウベル
       п@096−365−8833
ミートショップ まきば
       п@096−293−2862
熊本県畜産広場からもどうぞ。
Web  //kumamoto.lin.go.jp/i-menu.html

   11月21日
昨年苗を頂いて、庭に植えたこの草花。  2bから3bと成って幹から紅葉しています。
赤く垂れ下がっているのは種子とおもわれますが花と思えるのは見ることができませんでした。
名前が分らないのです。 インターネットで調べて見るのですが見つけることが出来ません。
何方か、 この草花の名前をご存知の方は教えて頂けないでしょうか?
   11月19日
昨日はお客様にご来店いただきまして
ありがとうございました。
牛の子のひろ子も愛嬌よく
お迎えをしましたので皆様に喜んで頂きました。
どこにでもある田舎の風景ですが
紅葉と子牛、それにゆずの収穫と
楽しんで頂きました。
次回のお越しをお待ちいたします。
私は(ひろ子牛)次回御逢いする時、
大きくなっていますよ。(^!^)v
どうぞ HPにも足を運んで下さいませ。
   11月17日
何十年も小屋の2階で
眠っていた万能唐箕

今年は大豆の選別に
活躍します。

塵と大豆を綺麗に
分けてくれました。
   11月15日

霜の降る朝 
足腰が弱ってきたような
気がして1時間程の
ウォーキングを始めています
小鳥のさえずりを聞きながら
歩いていると冷えた体が
汗ばむ頃は
我が家へ着いています。


矢部高校で聴講生として
パソコンを生徒と一緒に習っています、生徒は覚えが
早いですね


校舎から冬を感じました。
   11月13日
曾じいちゃん 僕が
大きくなるまで元気でね
昨日は孫の七五三の案内あり、主人と2人で
楽しみに出かけました。富合町に住んでいますが
川尻神社の方で御祓いを受けます、この頃は
勤めの関係で日曜日にお祝いをされる所が多く
神社はすごい混雑、御祓いも
何十人も一緒に御祓いされるのを見て、ビックリ!・・
まず 天気が良く 
孫も家族の皆さんもハッピーな1日でした。
おばあちゃん、お母さん お疲れ様でした。
私も 前の日にセッセと 
丼物を作り お土産に持って行きましたよ。
   11月9日
我が地区でも紅葉が始り昨日、今日と霜が
降り始めました。毎年、11月始めに成ると霜が降り、
野菜の収穫に追われるのですが、
今年は晴天ばかりで雨が降らず、異常気象のまま
冬を迎えるようですね。
加工品を作る傍ら、
里芋の収穫と大豆の収穫をしています。

 見事な紅葉が上手に写せないのです、
    ごめんなさい。
紅葉したイチョーの葉がとても綺麗でした
冬がそこまでやってきています、

私達も冬ごもりが始ります。
   11月8日
今朝は霜の降る冷たい
朝でした。早朝のパソコン時間を止め、
1時間ウォークを始めています
今日は皆様のお陰でカウンター数が10、000件を
クリア致しました。
私ごとき未熟者のHPへご来店頂き、
ありがとうございます。
感謝いたします。
ここまで来れるとは思っていませんでしたが、
皆様の応援でHPを閉じることなく現在に
至ることを喜び元気を頂きました。
まだまだ 
至らない所ばかりですが1歩づつ進めて参りますので
どうぞ よろしくお願い申し上げます。
    11月5日
田んぼの側に咲く花
味噌を作る前に麹を使って甘酒をチョイチョイと作る。
私の小さい頃、実家の母が時々作ってくれていた、甘酒
母を想い出しながら温度計を片手に挑戦してみました。
作り方    材料 ご飯 600g、 麹 600g  水1800t
1)  鍋にご飯と水を入れ、混ぜ合わせる。
2)  1)に分量の麹を入れ混ぜながら弱火で
    温度計が60℃まで温める。
3)  保温容器 (魔法瓶などがよい)で10時間保温する。
    このとき5時間程で1回再度火にかけ温度を維持してあげる。
    美味しい甘酒の出来上がり皆さんも作って見ませんか。
    11月3日


朝日を受けるアジサイに付いた霜
10月中に味噌作りをしたいと
思っていたのに出来なかった。
2、3日前に麹屋さんへ
お願いしていた、米が
麹として出来上がっていました。
私も麹を作りたいと思っていますが
今回も麹屋さんへお頼みしました。
山都町馬見原の麹屋さん
100年から作り続けていると言う
老舗の女将さん
とても優しく
お話をさせて頂きました
人との出会いに感謝し、
元気を頂きました。
芦屋田工房

〒861−3541  熊本県上益城郡山都町芦屋田204
坂本博幸 陽子
0967−72−2371 (FAX 共)