芦屋田工房へ戻る    日記の目次へ


陽子の日記
18年の日記の目次へ                 平成18年10月のできごと             
   10月31日


圧力鍋にて煮られた
こんにゃく芋はミキサーで
つぶされ、大豆の灰汁を入れ
よく混ぜ合わせます。
沸騰している鍋へ形を整え
入れていきます。
手作りですので形が揃わない
変な形のこんにゃくも出来ます。
ゆずの香りを少し入れて
私の大好きな1品です。
まずは手作りこんにゃくを作りましたが

こんにゃくだけの写真が上手く取れません。
手作りこんにゃくのコーナーを作りたいのに!!
肝心のこんにゃくの写真を皿に切って並べたり、
1個を丸ごと写してみたりと・・・・・・・。
なんとも可笑しな写真になるのです。
大豆の灰汁で作る美味しいこんにゃくが、
ちっとも美味しそうでないこんにゃくになるのです。
頭を痛めていると、主人の視線がチラチラ
今日は我が家の食卓に辛子味噌を付けた
こんにゃく刺身で主人は満足、
私はこんにゃくの写真が上手く撮れないので不満足。
次の日は婦人部の会議で熊本市内へ出かけ、
大切な10月の最後の日が終わりました。
全然雨の降らない10月でしたよ、
なんだか怖いですね・・・・・・・・・・。
   10月28日
秋が深まれば美味しい食べ物も増えます。
パソコンのトラブルもようやく安定しました。 
それに、お乳を飲むことが出来なかった子牛も
自力で親牛のお乳を探り当て飲むようになって
元気が倍増、 飛び跳ねて遊ぶようになりました。
一時は母乳を子牛に与えるのには限界があり
このまま死なせるのではと心配しましたが
命にのさり(恵まれる)があったのでしょう。
私もようやく加工品作りをはじめました。
秋の味覚、こんにゃく 
市販では年中販売されていますが、コンニャク芋は
今からが収穫です。
大豆の灰で灰汁を取り  
美味しいこんにゃくの出来上がりです。

   10月25日
パソコンは難しい
やはり、私の頭ではダメなのだろうか。
写真集が一杯に成り外付けHDDに
取り込み、安心して再度
取り付けを差し込むとデスクトップ画面が
消える。なんで・・・・・・。
2、3日は家事方が忙しくて
パソコンはそのまま・・・・・・・。
友達から指導を受けようやく
正常なパソコンへ戻りました。
又 1段パソコンへの階段を登りましたよ。
遠く離れている孫達は
田舎へ帰ると無心に遊びます。
   10月19日
ようやく
立ち上がることが出来るように
成りました。
動物は人間と同じ、小さい命を
助けなくてはと、獣医さん、
同業者の手伝い、アドバイス、
酪農家の方から、
絞りたての牛乳を分けて頂いたり
皆様のお陰でどうにか、
立ち上がる事が出来ました。
本当に心配しました。
自分の腰痛も忘れ、牛の子を
抱いて親牛の乳を
飲ませようとする私。
女の仕事ではありませんでした。
重いのなんの、
鉄の塊みたいでした。
    10月17日
またまた、肥後の赤牛の子供が産まれました。
17日の夜、8:00時 老体のみち子牛  
おばあさん牛です。
何回もお産の経験がありますので、苦しむ事無く
無事に出産しましたが、問題が発生いたしました
子牛が立ち上がれないのです。
ヨロヨロしながら 立ち上がり、お母さん牛の
お乳を探しながら歩くのですが
今回の牛の子は
寝たまま 起き上がろうとしないのです。
親牛のお乳を搾って子牛へ飲ませます、
私も牛の乳を搾るのは初めての事
親牛も心配してじっとしていません。
少しだけを絞り子牛へ与えますが
哺乳瓶がなく、難しい限りです。
12:00時過ぎる頃までに3回 初乳を飲ませ
牛の親子を休ませ
私達もようやく安心して床につくことが出来ました
    10月16日

近所の農家から稲わらの寄付が有り
稲わらを頂きに出かけました。
稲シノを手伝ってわらを頂きます。
昨日、最後と思い稲わらの収納に
全力を尽くしていましたので、
今日は体がバラバラに成りそう。
他所様の前ではしゃきっと、体の痛みを我慢して
1日無事に稲わらの結束を済ませ、
写真の練習、加工品の準備と時間は過ぎていきました

この稲わらの風景もこれっきり、2、3日中には
収納されてしまいます。
すすきが秋を楽しんでいるようです。
    10月13日
稲刈りが済むと稲わら入れが始る。
今年は稲刈りからほとんど雨が降っていませんので
良質の稲わらを収納する事が出来ました。
稲わら入れはすべて手作業で行います。
好く干しあがった稲わらを主人と2人で
運びやすい大きさに結束します。
眼の前の山も見えないように白くかすんだ煙霧の
舞う天気なのに、真夏のような暑い1日でした。
    10月10日 
この所 晴天が続いています、
北海道の方では豪雨と
言うのに
九州では晴天、
今年は何か異常ですね。
被害に遭われた皆さん 
お見舞い申し上げます。
気象の異常は農家にとって
農家だけではないのですが。
むずかしい気象条件に成って
いろいろ問題が発生しています。
そんな中
今日は野菜の苗にじょうろで
水掛をしました
少しでも野菜の苗が成長できる
様に成長の手助けです。
家庭菜園と漬物用大根を
種まきをしていますので
可愛い野菜の新芽がスクスクと
育っています。
   10月9日


約1反5畝ほどの、
この田んぼが一番広い面積の田んぼです。
100年ほど前に耕地整理されていますので、
現在は至る所に水が湧き 
再度、排水の必要があります。
稲刈り3日目
たった6反ほどの稲刈りなのに
台風の為、倒れてしまった稲
1日で終わるはずの稲刈りが
3日間と成りました。
稲刈りが済んだ後には
稲わらとうべが3、4日の乾燥を
待っています。
よく乾燥させ、
1年分の牛の餌として牛小屋の
2階に保存し必要分だけ
取り出します。
牛の餌として他の野草や
トウキビサイロと一緒に与えます
この稲わらが肥後の赤牛の
主食と成るのです。
    10月8日


稲刈りのお手伝い  楽しいなー。
でもこの田んぼ、
田んぼの中に小さな山や岩があり、竹やススキが
生えているよ、
歩き難いね。
稲刈り2日目
昨日の夜に駆けつけてくれた、
娘夫婦と3歳と5歳の孫達が
稲刈りのお手伝いです。
今がすべてに興味を持つ年頃。
私達が
鎌を使って稲刈りをしていると、
自分たちも鎌を使うと言う。
何かお手伝いがしたくて
何処にでも付いてくる、
先の6月の水害で土手の土が
崩え込んでいる田んぼの稲刈を
喜んで手伝う2人の孫。
純粋なこの心を嬉しく、そして
楽しい、にぎやかな1日でした。


はいポーズ


僕もチャンと作業が
出来るんだよ。
孫達が成長しても
自然のすばらしさを好きに
成ってくれるように願うのです。
    10月7日
夜が明ければ 稲刈り日和

前田の場所の好い所からと言っても
13号の台風でしっかりお寝んね。

主人言わく 「コンバインで刈り取れないくらい
倒れている稲はすでに実は取れない」といいます。

コンバインは容赦なく稲株を踏みつけて行きます、
その後をセッセと鎌の刃を入れていきました。
しかし稲穂を集めてみるとほとんど稲穂は
腐っているのです。
さすがの私もお手上げ。
コンバインに任せます。
私はコンバインの後方のワラ立て
チェックをすることにしました。
牛の餌と成る稲ワラはコンバインの後方で
結束されて落とされます。
ほとんど上手に落としていくのですが、
私がコンバインの側から離れた時に、
トラブルが発生して、コンバインを止めてしまいます。
主人と二人三脚で今日の稲刈りは終わりました。
今夜から孫達が手伝いに来てくれます。
明日は楽しい、稲刈りになりそうです。
    10月6日
朝パソコンを打っていた時間、
夕方の仕事が遅れてしまいました。

夕方、牛の世話をしていると、
大きな月が光の無いただの円形で
現れ、少しづつ、何とも言えない
美しい光を投げかけ始めました。

中秋の名月

上手く表現はできませんが、
写真を撮ってみました。

実祭はまだ綺麗でしたが
理解して下さいね。
まだまだ未熟なカメラマンです。
昨日、今日と稲刈りの準備に大忙し

平坦地のように今日は稲刈り
すぐにコンバインが田んぼに入って稲刈りって
訳には行かないのです。

2、3日前から田んぼの様子を見て
水が引いていないところは手刈します。

コンバインの重さに耐えれる泥濘か確認して
機械が通れるように稲を刈り取っておきます。

手刈りで稲刈りをしていると赤とんぼが
麦藁帽子に載ったり、背中や お尻に乗って

私を楽しませてくれました。(昨日)

側溝の側には珍しい花、バアソブと言う花が咲き
腰は痛く楽な仕事ではありませんが

大自然の中で楽しく収穫を迎えることが出来る
幸せを感じています。

稲刈りが済めば加工所に入り
漬物の作業に入れます。
    10月4日
H様 昨日の花の名前ありがとうございます。
バアソブと言うキキョウ科の仲間のようです。

東京都の保護上重要な野生生物種(1998年)にあげられている花だそうです。

長野県木曾地方の方言で雀斑を意味し、花冠の内側の斑点を
老婆の顔の雀斑にみててたもののようです。

分布は全国になっていますが、 
九州の私のところでも 初めて見る花でした。
渡り鳥が運んできたのかも知れませんね。

父に花の名前を教えてもらう為、私が半分は切り取り家に持ち帰りました。
残りはまだ田んぼの側で可憐な花を咲かせています。

来年も咲いてくれるか様子を見たいと思います。
   10月3日
田んぼの側溝を草切りしたり、
田んぼがよく乾いているか
コンバインが入れる常態か
確認をしていました。

田んぼの隅の側溝に
今まで見たことの無い
花が咲いていました。

蜂が飛んできて釣鐘状の
花の中に入っていきます。

500円硬貨が入りそうな
大きさの可愛い花

インターネットで花の名前を
調べてみましたが
見つけることが出来ませんでした。

何方かご存知の方が
いらっしゃいましたら
教えて下さい。
    10月1日


朝晩がすっかり
冷えてきました。

我が家でも
10/7、8、9日
頃が稲刈りと
なります。

天気が心配です
照る照る坊主
を作ろうかしら
10月になってしまいました。

早い 24時間が早い  1日が早い 1週間が 1ヶ月が
ボヤーッとしている訳ではないのに、

忙し過ぎ!  今日は主人の換わりに農道の草切りに草払機を
担いで出かけました。

皆さん男性の中に2人が女性でした、しかし頑張らなくちゃ。
男性に劣らぬようにと思って同じように付いて作業をしましたが

終了したとき 足はガクガク、からだの節々は痛み
長時間の草払機はとても疲れました。

夕食後 手作りの青しそ焼酎を飲み、茶の間でちょっとウタタネ
眼が覚めた時は気分壮快であればいいのに、
まだ疲れが取れない、、、、、、、。今日はゆっくり休んで体つくり
HPは明日 UPします。
芦屋田工房

〒861−3541  熊本県上益城郡山都町芦屋田204
坂本博幸 陽子
0967−72−2371 (FAX 共)